検索
  • Shino Nishikawa

すべらない話【子育て法】

すべらない話【子育て法】

僕には子供はいないんですけど、まわりの人たちがどんどん親になっていくので、今日は僕の母の子育て法について話そうと思います。

僕の父は漁業やっていまして、ものすごく忙しかったので、僕は、幼い頃はほとんど母と過ごしていました。

それで、僕の母が占いにハマっていて、タロットカード占いを僕に仕込んだのも、母です。

母は、僕と弟を連れて、よく散歩に出かけました。大体は、母が元カレと行った事がある場所で、「ここはお母さんにとって呪いの場所だから、ここに来れば、お前たちの才能が伸びるはずだ。」と。それで、僕たちは初めて横浜に連れられて来た時に、まず、アパートに連れて行かれて、「ここはお母さんが昔、一人暮らしをしていた場所です。」と、言われたんですけど、僕と弟には、意味が分からないんですよ。

その後は、中華街に連れて行ってもらって、ようやく楽しくなってきたんですけど、みなとみらいに行って、3人で観覧車に乗ったんです。それでも、楽しいとかじゃなくて、すごく気まずいんですよ‥。僕たちが気をつかって、「お母さん、景色綺麗だね。」とか言っても、母は考え事をしていて、何も言わないんです。

それで、母が、後ろのお客さんを見て、「やっぱりきた‥。」と。

見てみると、後ろのカップルが、ずっとキスしているんですよ。

「あれは、昔のお母さんとお父さんです。お父さんとお母さんが悪い種をまいたので、こういう事が、お前たちの前で起きるんだと思います。」と、母が言いました。

僕たち、電車の中でもすごく気まずくて、子供の頃のことを全体的に振り返っても、母と過ごした時間は、そこまで面白くはありませんでした。

でも、母が教えてくれたことは、霊能力の高め方です。勉強、スポーツ、涙、努力‥それらすべてを、一定量こなさないと、神様から特別な霊能力はもらえません。

僕が○○グランプリで優勝できたのも、母が高めてくれた霊能力のおかげです。やっぱり、今改めてふりかえると、一緒に過ごした時間は面白くはなかったんですけど、母の存在っていうのは大きいな‥と、オモイマス。

#すべらない話

© 2023 by EMILIA COLE. Proudly created with Wix.com