検索
  • Shino Nishikawa

すべらない話【母の話】

すべらない話【母の話】

僕は3人兄弟なんですけど、父がバリバリ働いていて、母はずっと働きに出ていなかったんです。それで、僕たちは母のことをすごく尊敬していました。母は医療系の仕事じゃなかったんですけど、毎晩医学の勉強をしていたんです。

「お母さん、どうしてお医者さんじゃないのに、お医者さんの勉強してるの?」と聞くと、

「親がやるべき勉強をしないと、子供が本来、その勉強をやらなくてもいいのに、やることになってしまう。」と。だから、僕たちは、医者になる事を憧れたんですけど、医学の勉強は、させてもらえなかったんです。

母は「犯罪はダメだけど、親がやるべき事、勉強、仕事をしないと、それを子供が負うことになってしまう。」と言って、母は40代で社会復帰をしました。社会復帰といってもスーパーでのパートなんですけど、僕たちは母を尊敬していたので、母が職場で怒られていないか心配だったんですよ。母に来るなと言われていたんですけど、僕たちは母が勤めるスーパーを見に行きました。すると、母が若い人からすごく注意されていたんですよ。

それで僕たちが泣いて、「お母さん、大丈夫?」と聞くと、「お母さんはお前たちが思うよりも卓越しているから、大丈夫です。」と。そして、その3ヶ月後、母に注意していた若い人が退職する事になったんです。それが母のせいかは分かりませんが、母が僕たちに、「生きる上ではプライドを捨てる事が大事です。」と言ったんです。それで、お笑い芸人になった僕に、母が、「お前は、アーティストや政治家、スポーツ選手、テレビ業界の方々、視聴者の方々に好かれないといけない。好かれよう好かれよう、そうやっているうちに、自分の方が強くなります。」と。その言葉が僕を、○○グランプリ優勝に導いたのだと思います。

#すべらない話

© 2023 by EMILIA COLE. Proudly created with Wix.com