検索
  • Shino Nishikawa

すべらない話【鎌倉の大仏】

すべらない話【鎌倉の大仏】

僕は元々、心の病をわずらっています。ごみごみした東京が合わないと感じつつも、東京から離れられないという悪いスパイラルに入ってしまっています。

普通の人でもこんなにごみごみしている所にいれば、頭を正常に保っていられませんから、精神病の僕なんかはさらにおかしくなってしまうわけです。

僕が住んでいる所から鎌倉まで電車で1時間半以上かかるのですが、以前毎週のように通っている時期がありました。大体はカフェでご飯を食べてから、海を数時間ながめて帰るというのが習慣だったんですけど、ある日、今日は有名な鎌倉の大仏を見に行ってみようと思いまして、バスに乗ったんですよ。バスに乗って、鎌倉の大仏に近づくにつれ、霊気によって精神が狂ってくるのを感じました。そして、鎌倉の大仏につくと、僕は自分をおさえられなくなり、母親に泣いて電話して、「僕がこんなになってしまったのは、全て母さんのせいだ。」と大きな声で怒ってしまいました。そして、異常になった僕がその頃通っていた新宿の精神科に電話すると、先生が「今から来い。」と。

僕はそのまま、鎌倉から新宿まで移動したんですよ。なんておかしい行動をしてしまったのだろうと後悔したのですが、

夜、鎌倉の大仏様が夢の中に出て来て、「精神病の者の中には、自分に会った後に亡くなってしまう者もいる。」とおっしゃったんです。だから、鎌倉の大仏様は、わざと僕におかしい行動をさせて、助けてくれたんですよ。

この話は今から10年前の話になるのですが、実は、それ以来、僕は鎌倉の大仏を見に行っていません。だから、心の病の方が、長引いているんだと思います。


#すべらない話

© 2023 by EMILIA COLE. Proudly created with Wix.com