検索
  • Shino Nishikawa

サヨちゃんと崇と勘助の生活

    サヨちゃんと崇と勘助の生活

サヨちゃんは神様に子供をもらい、崇と勘助という2人の兄弟を育て、崇は厳島神社の神主、勘助は延暦寺の住職という立派な大人になりました。

サヨちゃんの教育はとても厳しいものでしたが、毎日良い言葉を教えてくれたので、2人は神様と仏様の大事な家を守るように頼まれたのです。

サヨちゃんは2人の背を伸ばしたかったので、睡眠と栄養を一番大事にしました。

ある日、小学生の2人が大人っぽいアニメを見ていたので、サヨちゃんは言いました。

「そんな大人っぽいものは見ちゃダメ。二次性徴が早くきたらどうするの?」

思春期が早くくると、背の伸びに支障が出るからです。

「大人っぽいことをするとね、脳下垂体から性ホルモンが分泌されます。そうすれば、あんた達の背が伸びなくなってしまう!!」

サヨちゃんは、礼儀はきちんとさせましたが、大人っぽい事はさせませんでした。

「子供は子供らしく。」

それが、2人が小学生の時のサヨちゃんの合言葉でした。

サヨちゃんは、2人にバスケットボールやバレーボールも触らせてくれないどころか、スポーツ観戦もさせてくれませんでした。その上、歌番組も見せてくれません。

唯一見せてくれたのが、ワンピースやコナン、どらえもん、サザエさん‥何十年も認められているアニメだけです。

サヨちゃんは2人の息子にピアノやギターもあまりやらせませんでした。

サヨちゃんが毎日息子にやれと言ってやらせたのは、絵と勉強です。

それと柔道もやらせることにしました。

とにかくサヨちゃんが求めたのは、2人の身長を高くする事です。

崇は中学生になり、慣れない毎日に脅えて泣くようになりました。

「お母さん、学年のほとんどの人が、僕を嫌っています。どうすればいいですか?」

崇が悩みを打ち明けると、サヨちゃんが言いました。

「崇、人はね、他人なら誰を見ても、ストレスを感じるものなの。崇が嫌な事をしてしまって、悪口を言われたのなら仕方ないけど、普通にしていて悪く言われたのは、崇の問題じゃなくて、そちらの問題です。」

「わかりました。」

「その人に何か問題があるから、他人を侮辱しているのよ。それが分からない人は低俗です。分かったわね?」

「はい。」

「あなたは人の悪口を言わないでちょうだい。」

「はい。」

「それからこの前、学校で先生に怒鳴れた事を気にしていたでしょ?」

「うん、その事ならもう大丈夫です。」

「それならよかったけど、覚えておきなさい。人生の厳しさを感じる時は、恐い人にあった時よ。人生は難しいけど、厳しいものではありません。あなただけは、人に恐いと思われないようにしてちょうだい。」

「わかりました。よく覚えておきます。」

崇と勘助は二十歳をすぎた時、2人とも180センチをこえていたので、サヨちゃんは胸をなでおろしました。

サヨちゃんは背が低かったので、心配だったのです。

でも、2人のお父さんは神様だった事と、サヨちゃんの教育で、2人の背は伸びました。

サヨちゃんが音楽に興味があったこともあり、2人とも音楽に関心を持ち、国内外のアーティストの歌を聴くようになり、ある事に気が付きます。

アーティストの名前は同じですが、中身が変わっている事を‥。

そして、サヨちゃんは言いました。

「そういう事はね、プロの目から見れば、気にならないものよ。芸能界のステージというのは、半分が感動で半分が見世物なの。分かった?」

「はい。」

「この人なんかは、本物ではないけど、この歌手を演じて、世界ナンバーワンになったわ。それをやる意味は、お金を稼ぐためよ。自分の家族や親せきが、経済やお金の仕事をしていたならどうする?一族で誰一人大金を稼いだこともないのに、偉そうな顔は出来ないでしょう?‥もちろん、それだけが理由じゃないでしょうけど。」

「はい。」

「配信された歌を聞くだけでは、魔法はもらえません。CDを買ってこそ、そのアーティストから魔法がもらえるの。わかった?」

「はい。」

それから、2人は配信で気に入ったアルバムだけは買ってみることにしました。

「物は買いすぎちゃダメよ。」

サヨちゃんの言葉どおり、2人はCDを買いすぎませんでした。

崇が厳島神社の神主になった時、国の会議に神職からも有識者が呼ばれましたが、崇は選ばれませんでした。

すると、サヨちゃんは言いました。

「有識者というのは、人間が正確に選べるものではありません。無名の人の中にも、優れた真実を語る者はいます。そういう人は神様から声を求められるものよ。

夢の中で、〇か×か、書くように求められるの。朦朧とした中でも、あなたは自分が信じている事を語れるかしら?」

崇は有識者になる事をこだわらなくなりました。

サヨちゃんの教育は厳しい物でしたが、2人の兄弟を神様の道に導いたのです。


#絵本シリーズ

© 2023 by EMILIA COLE. Proudly created with Wix.com