検索
  • Shino Nishikawa

多久さんの事件簿【好転反応】43

多久さんの事件簿【好転反応】

多久はスピリチュアルな好転反応について研究している。しかし、好転反応については、厚生労働省も否定している。けれど、絶対にあるにちがいないと信じ、多久は好転反応研究に熱心に取り組んでいる。


2020のオリンピック代表入りを目指し、多久は燃えるような努力を続けてきたが、それは見事に玉砕した。

しかし、どう考えても、霊的な一年になる。

努力して叶う夢よりも、努力してなった自分の方が価値があるというヨハンゲーテの名言の通りに、多久は最高の自分をつくってきた。


精神的な好転反応がある。

数年越しで、大切な人の死を受け入れた時、体はボロボロになるまで泣く。

それは意識の入れ替えが起こり、体が反応するためだ。

意識の入れ替えは、魂の入れ替えに似ている‥。


2020に必ずなると知っていた。

心も体も準備してきたが、2020の鐘がなった瞬間に、多久の魂は強い軌道修正をしなければならなかった。

思う以上に、星と空気の入れ替えがあった。

魂の軌道修正をする事で、心と体をさらに変革しなければならない。

多久は風邪をこじらせた。

風邪というのは、心が変わる、性格が変わる、魂が変わる、良いチャンスなのである。

心を強くするチャンスと思ってもいい。

薬を飲んで、ぼんやりしている中で、まともに行動するからだ。

風邪の時こそ、まともに行動できるものである。

風邪をひかなくなったら、犯罪をしない事に気を使うべきかもしれない‥。


多久は伸ばしていた髪を切った。

今まで重い物を持っていた頭は、切ればすぐに楽になると思ったが、そうではなかった。

髪を切って軽くなったら、頭がびっくりしたようで、頭痛が起こった。

でも、すぐに楽になった。これが好転反応である。


髪の毛はスピリチュアルなものである。

女性は伸ばしてみるとよい。

髪の毛が伸びるにつれて、才能がどんどん伸びた。

髪の毛には、神様が宿るらしい。


やっぱり、スピリチュアルな好転反応というのは、魂が変わるために、体が改革しなければならず、風邪になったり、だるくなったりするのかもしれない。


多久は、2020の1年で、最高の結果を残そうと思った。


#多久さんの事件簿

© 2023 by EMILIA COLE. Proudly created with Wix.com