検索
  • Shino Nishikawa

多久さんの事件簿【神主】46

多久さんの事件簿【神主】46

「スポーツのお守りや勝ち守りが置いてある神社に行くと、スポーツ選手がオリンピック代表になるためには、海外で戦う事が大事だとよく分かりますよ。

そして、仕事によって、戦い方がちがうということも‥。

僕は、あまり、海外で戦う機会がなかったから。やっぱり、バスケ選手が天職ではなかったのかもしれませんね。もしかしたら、警察とか‥。

もしも、警察官になっていたら、マロやリンチルともうまくいっていたのかな。

神社で働きたいと思う事はしょっちゅうです。でも、神主や巫女には、霊能力は必要ありません。もしも、その仕事が天職だというのなら、神社の参拝客を増やす工夫や願掛けが必要になります。願掛けは何につけても大事です。願掛けのやり方はそれぞれですが、結局、霊力は伸ばさなければなりません。簡単なやり方は、名探偵コナンを読む、観るです。

お守りは刑務所で作られているので、神主や巫女になるのなら、その経験があるか、大切な人に経験があるかが大切なのかもしれません。

神社には、みんなが願いに来るので、神様は良い人を外に手放すと思いますよ。

自分の手の内に置いておくのは、何かわけがある人だけかもしれません。

だから、むやみやたらに、神主や巫女になるのは良くないです。」

#多久さんの事件簿


© 2023 by EMILIA COLE. Proudly created with Wix.com