検索
  • Shino Nishikawa

漫才『神声』

漫才『神声』

「どうもー、陰陽師でーす。」

「実は相方の○○がインディーズバンドのプロデュースをやっていたんですよ。」

「はい、そうなんです。もう解散したんですけど、○○っていうバンドの面倒を見ていました。」

「まぁ、今はYouTubeとかでどんどん流してしまうので、CDが売れない時代ですけど、CDというのは御守りと同じです。だから、どんなに配信しても、強い霊力があるアーティストのCDっていうのは売れるみたいですよ。」

「はい。だから、アーティストはCD売り上げを気にして配信しないとかはダメです。最終的には、自分の霊能力でCDを買ってくれた人をどれほど幸せにできるかで勝負してください。」


「五輪が近くなってきて、アスリートの皆さんは最後の詰めに入ると思うんですけど、選考に落ちてしまった人こそが一番怖いんですよ。どんどんまじないをかけて代表を苦しめますから‥。どんな仕事でも、最後の勝負は、神頼みです。では、今日は、最後の勝負に勝つための講義をしたいと思います。」


「神様を信じていない人の手伝いを神様がするはずがありません。失敗させて、自分を信仰するように仕向けてくるのです。前に、皆さんに願掛けの方法を教えましたね?はい、金メダルを取りたければ、どちらを選べば金メダリストか。生活を選ぶ事が願掛けの基本です。」

「それを続けていくと、神様の声が心に響くようになります。この世界にはたくさんの神様が降りてきています。皆、家の中までは入っては来ませんが、神様によっては、その人が描いた絵は見られる、書いた文字は見られる、外に出てきたら空から見られる、人間を観察する方法がそれぞれにあります。」


「僕が考えた結果なんですけど、神様は、自分の声をどれほど聴いてくれたかで、助ける方を決めます。だから心に『今日は夜空に祈れ。』と聞こえたら外に出て、夜空の神様にお祈りをするし、『今日は猫の絵を描け。』という声が聞こえたら、猫を絵を描いたりします。それが、本当の願掛けです。僕がやっている願掛けの一つに、定期購読をしている雑誌が届いても、袋にいれたまま読まないというものがあります。」

ツッコミ


「こういう願掛けは、最後の戦いに向けたものですから、皆さんがすぐに理解できるものではないと思いますが、いつかこういう願掛けができるように、頑張ってください。」


「今日は最後にヨガのポーズを見せたいと思います。皆さん、ヨガマットを出してください。」

ツッコミ


「そういう事なら仕方ありませんね。チャクラが開眼するポーズをすると、チャクラ開眼の合図が見えるようになります。」


「では、一番大事なポーズ、太陽礼拝から入っていきましょう。」


「猫のポーズです。」


「はい、今日の講義、お疲れ様でした。今日習った事を忘れずに、明日からも頑張っていきましょう。」


「ありがとうございました。」


#漫才

© 2023 by EMILIA COLE. Proudly created with Wix.com