検索
  • Shino Nishikawa

漫才【菅原道真公】

漫才『菅原道真公』

「どうもー、陰陽師でーす。」

「今日は、学問の神、菅原道真公のお話をしたいと思います。」


「では、皆さん筆記用具を出してください。」

ツッコミ


「北野天満宮に始めて行ったのは、修学旅行の時です。僕はその時、何かが起こると分かっていました。境内に足を踏み入れた瞬間、僕の体に電流が走りました。

菅原道真公は僕の才能開花のために、人生を導くと約束してくださったのです。」


「その後、僕は、すぐに道真公のことを忘れて、不良になってしまいました。」

ツッコミ

「しかし、それこそが、お導きだったのです。菅原道真公は、才能の度合いに合わせて、厳しい道を照らしてくださります。どうか、その道から足を踏み外さないようにしてください。」


「だけど、菅原道真公が照らしてくださっている道だとどうやって分かればいいのですか?」


「それは、菅原道真公に祈るしかありません。菅原道真公を祀っている神社は日本各地にあります。菅原道真公が照らす学問は、勉強だけではありません。スポーツや芸術も含まれます。ですから、努力する場所には、菅原道真公のお守りを持って行くか、置いておいてください。道真公は必ず、皆様に、努力の仕方を教えて下さります。」


「皆様は、勝者になりたいですか?それとも、敗者になりたいですか?金メダルが取りたければ、いつでも、金メダリストの行動を心掛けるのです。どちらをやれば、金メダリストか。自分で選びなさい!

美女になりたい人も同じです。美女になりたければ、美女のように振る舞うのです。美女はどちらをやっているか。そういう事をして、生活をしてみなさい!」


「では、皆様、今日の講義の内容をしっかりと心にとどめ、明日からの生活を頑張ってください。」


「ありがとうございました。」


#漫才

© 2023 by EMILIA COLE. Proudly created with Wix.com