検索
  • Shino Nishikawa

落語【占い】

落語【占い】

こんにちは。占いを気にする人は世の中に多くいらっしゃいますが、僕もその一人です。四柱推命という中国発祥の占いは、生まれた年を年柱、生まれた月を月柱、生まれた日を日柱、生まれた時間を時柱として占いをします。

僕が中学生の頃になりますが、僕と誕生日も生まれた時間も同じで、名前も似ているという友達がいました。僕の祖父も占い好きでしたので「そういう友達がいるのなら、中学を変えさせてもらえ。」と言って心配しましたが、そういう理由で中学を転校する事はできません。僕は我慢していましたが、僕がバレー部に入ると、その子もバレー部に入部したり、同じ委員になったり、まるでストーカーのように僕についてきたのです。

僕は頑張って勉強して、高校は別になりましたが、その子から家によく電話がかかってきて、僕の近況を親にたずねるようになってしまいました。

しかし、僕の人生はうまくはいかなかったのでございます。僕がようやく落語家になれたのは30才の時ですから、20代は困難続きでした。次第にその子からは電話がかからなくなり、病気で亡くなったという知らせが僕の下に届きました。最後まで、彼に本当の事を告げる機会がなかったのですが、僕は二卵性双生児です。本当の双子の弟は、親の方針で別の家にあずけられていたのです。双子の弟は、現在は漁師をしています。実際、彼も、夜逃げしてきた子供で、自分の運命を助けるために、生年月日を偽証していたという事を後で知りました。僕たちはお互いに真実を告げる事ができなかったのでございます。

双子の弟と僕は全く仕事をしていますから、例え運命が似ていても、職業や、もちろん結婚相手は自分次第で、全くちがうのでございます。

#落語

© 2023 by EMILIA COLE. Proudly created with Wix.com