検索
  • Shino Nishikawa

【六曜】

六曜は中国発祥とされている古来の占いである。

先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順で繰り返すが、旧暦の毎月1日の六曜は固定されている。閏月は前の月と同じになる。

1月・7月先勝、2月・8月友引、3月・9月先負、4月・10月仏滅、5月・11月大安、6月・12月赤口


2020年1月25日は、24日が大安のため本来なら赤口であるが、旧暦1月1日なので先勝となる。


『先勝』

早く済ませてしまうことが良いとされる日。「先んずれば即ち勝つ」の意味。

午前は吉、午後は凶と言われる。急用の処理や訴訟には吉日とされている。


『友引』

友引は、勝負の決着がつかない良くも悪くもない日とされる日。朝晩は吉、昼は凶と言われる。

葬儀を避ける俗信がある。葬儀を行うと、友が冥土に引き寄せられるとのジンクスがある。

結婚式には人気の日である。


『先負』

急用は避けるべきとされる日。争い事や公事も良くないといわれ、万事に平静を守ることが良いとされる。「先んずれば即ち負ける」の意味で先勝に対応する。午前は凶、午後吉と言われる。


『仏滅』

六曜における大凶日。「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」ともいわれる。

お釈迦様が入滅した日と誤解されることが多いが、六曜は仏教に由来しない。

しかし、お釈迦様が休む日であるのは、まちがいないと思う。

おそらく、臨時の神様が来る日である。


また『物滅』として「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」とされ、「大安」よりも物事を始めるには良い日との解釈もある。


『大安』

万事進んで行うのに良い日とされる日。「大いに安し」の意味。

六曜の中で最も吉の日とされる。何事においても吉、成功しないことはない日とされる。


『赤口』

正午の前後を除いて凶日とされる日。午の刻のみ吉で、それ以外は凶とされる。

陰陽道の赤舌日と赤口日、あるいは大赤が混じって、凶日として六曜の1つになったといわれている。赤舌日は、木星の西門を支配する赤舌神が司る日とされ、門を交代で守る配下の六鬼のうち、3番目の羅刹鬼は人々を威嚇する存在であり、この日は訴訟や契約は避けるべきとされた。

赤口日は、木星の東門を支配する赤口神が司る日とされ、配下の八大鬼のうち、4番目の八獄卒神は人々の弁舌を妨害する存在であり、この日も訴訟や契約は避けるべきとされた。

この日は「赤」という字が付くため、火の元、刃物に気をつける。



【十干十二支】

十干とは、甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸の十種の要素である。

四柱推命では十干は天の仮想の星、天の空間といわれている。

★四柱推命‥陰陽五行説をベースにした中国発祥の占い。生年月日や生まれた時間、干支によって、運命を導き出す。四柱とは、生まれた年をもとにした年柱、生れ月をもとにした月柱、生まれた日をもとにした日柱、生まれた時間をもとにした時柱のことである。


十二支とは、子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の12種の要素である。


日干支は、十干と十二支が十二支を順に組み合わせていく。(六十干支)


空亡とは、十干と十二支で組み合わせると、組み合わせできない2つの十二支の事である。

十二支の12年のうち2年は誰もが空亡を経験する。

空亡の時期は、悪い時期と言われているが、良い事も起きる。人生の流れが変わる時期である。

空亡を簡単に計算できるサイトなどがあるので、そちらをご覧ください。



【九星】

九星とは、中国から伝わる占いの1つにあたる。

一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の九星である。

年月日時刻それぞれに割り当てられる。

年の九星は、九紫の翌年は八白というように、一つずつ数字を減らしていき、一白の翌年はまた九紫になる。これを「陰遁」という。

年の九星は立春をもって切り替わる。

2020年2月3日は八白土星、2月4日からは七赤金星となる。


月の九星も陰遁する。ただし、月の九星で使う月は節月である。

2020年2月3日の月の九星は九紫火星、2月4日からは八白土星となる。

月の九星は3年周期である。


日の九星は冬から夏にかけては、数字を増やしていく陽遁となり、夏から冬にかけては陰遁になる。冬至に一番近い甲子の日を一白として陽遁を始める。夏至に一番近い甲子の日を九紫として陰遁を始める。


基本的には陽遁が180日続き、陽遁から陰遁に切り替わる時は九紫が2日続き、そして陰遁が180日続き、陰遁から陽遁に切り替わる時は一白が2日続くことになる。

ただしこのように繰り返していくと、やがてずれが生じる。

そこで11年~12年に一度、陽遁・陰遁の期間を30日ずつ延長してずれを調整する。この延長された期間(60日)を九星の閏という。

ちなみに2020年夏は九星の閏期間となる。



#陰陽



© 2023 by EMILIA COLE. Proudly created with Wix.com