The Big Wind

December 18, 2018

The Big Wind~ハルとの別れ~

ハルには好きな女性がいました。その人はスタバで働いているアミという女性です。

アミはオフの時には、スタバで作詞をしていました。作詞家を目指していたのです。

プロの作詞家ならそんなことはやりません。でも、まわりに自分が作詞をしていることを教えたかったのです。

「いい仕事だね、スタバなんてさ。いつかは工場とかでも働いてみなよ。」ハルは、お洒落な職場で働きたいアミの気持ちをわかっていましたが、そう言っていつもアミを茶化しました。

 

そんな中、ハルの実家がある清水で事件が起きます。清水の大農家である、佐奈田さんの家のお嬢さんが殺されたのです。その知らせはまずハルに届きました、佐奈田さん夫婦から・・・。

 

佐奈田まさと美也子は、結婚当初から、お互い別に好きな人がいました。もちろん子供は授かりません。亜矢子という養子をとりました。三人は本当の親子ではありませんでした。

亜矢子が12歳の頃から、まさは亜矢子に、手をだすようになりました。性的虐待です。美也子もそれを分かっていましたが、何も言えませんでした。

でも、亜矢子が17歳の時、「家を出ていく、市役所に助けを求める。」と言い出しました。まさは、実は亜矢子を女として見ていましたが、美也子は、亜矢子を殺すことを決意しました。

その計画は、亜矢子が寝ている時に実行されました。刃物で首を切ったのです。首を切った瞬間、寝ていた亜矢子は目を見開き「ひいぃ」と言いました。首を切ったあとも、手足をバタバタと動かしたので、美也子は慌てました。でも、そのうちに動かなくなりました。目はあいたままでした。

「あやちゃん、ごめんね。」というと、死んでる亜矢子は息を吐きました。美也子は怖くなりましたが、死んだことは、まさではなく、美也子の本命である、隆が確認しました。その時、まさは家にいなかったのです。

死んだ亜矢子に布団をかけ、次の日の朝、ハルに電話しました。ハルの家は、佐奈田家を信頼していました、佐奈田家にとっては、ハルが一番の頼りだったのです。亜矢子を殺したことは言いませんでしたが、ハルは美也子の声で全てを悟りました。

 

ハルは、清水に行く前に、アミのスタバに寄りました。「コーヒーなんて吐きそうだから、ティーをくれる?」アミは、ハーブティーをだしました。「アミなら作詞家になれるよきっと。じゃ、またアミには会いたいけど、もう行かなきゃいけないから。」アミにとってはなんのことだかわかりませんでしたが、ハルに対して初めて、恋愛感情を抱きました。

 

亜矢子を見たハルは、言葉を失いました。包丁をもち、「この場でお前を殺してやろうか!」と叫びました。美也子は泣き崩れました。

佐奈田家は、ハルが一番尊敬していた家でした。それは、清水の人達にとっても同じでした。ハルは決めました。自分が罪をかぶることを。美也子と隆とハルで、亜矢子を布団のままハルの車に運びました。

ハルは一人で運転し、田舎道まで来ました。そこはすごく景色が美しく、いつかアミと来たいと思っていた場所でした。「最後は俺とカップルになっちゃったね。」そう言って、亜矢子のほほにキスをしました。

「だけど、これじゃ絶対ばれるよな。」そう思いながらも、途中の店で買った、雑草用の劇薬を飲み干しました。最後に祈ったことは、佐奈田家に罪がいかないことと、アミの幸せです。残ったわずかな力で、スマホに保存されていたアミの歌を聞きました。「いい曲だな。」ハルの目には、最後に美しい夕日が映っていました。

 

ハルの望みどおりでした。警察はハルを犯人としました。でも、一部の警察官は信じていませんでした。ハルを見て涙し、ハルを死者の白い服に着替えさせたのはその警察官たちでした。

 

一方、亜矢子が一番頼っていたのは、美也子でした。美也子は亜矢子に「ごめんなさい、ごめんなさい」と言いながら、亜矢子を白い服に着替えさせました。亜矢子の葬式には全国から、和尚さんが集まりました。お経は10人がかりでした。

亜矢子の葬式の10日後、美也子は死にました。自殺です。

 

アミはハルは戻ると信じていました。案の定、ハルはアミの前に戻ってきました。「やっぱり、生き返ったんだ。」アミが言うと、「ちがうよ。」とハルは言いました。

「人が生き返るなんて、お前やばいんじゃないの。」「だって、生き返ったじゃん。」

「でも、また俺、行かないといけないから。」大きな風が吹き、またハルはいなくなりました。

 

でもアミは今でも信じています。また、生きたハルと会えることを。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

December 11, 2019

December 10, 2019

December 9, 2019

December 7, 2019

November 30, 2019

November 29, 2019

November 29, 2019

November 25, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by EMILIA COLE. Proudly created with Wix.com